【チラシ】雑談・相談・質問・ひとり言【もどき】 36
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1515518463/


225: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)00:59:01 ID:e7j

今はなくなったんだけど、よく約束を平気で守らない人とか
ナチュラルに2,3時間遅れてきて
それが普通だって思ってる人がよくいるみたいだけど、自分はその反対だった。
これってアスペとかADHDとかいうやつなのかな?

家族でどこかに遊びに行くときに
当日ちゃんとつくのかすごく不安でルートを何度も地図で確認したりして
それでも不安で2週間前くらいに「下見」みたいな感じで
一人でそこまで運転して道を覚えたり、わかりにくいところはメモしたりしてた。
旦那には呆れられたけどその下見をしておかないと
自分が全然安心できなくて、
道に迷う夢や帰れなくなる夢ばっかり見て精神的に疲弊してた。
車の免許とりたてってわけでもなかったし、特筆は旦那が転勤族だったってことかな?

今はいつの間にかそういうおかしな行動はなくなってて、
そういえばってふと思い出して
「あの時の自分っておかしかったんじゃないか?」って考えてしまった。
自分でも引いたのは函館に住んでた時に長万部まで一人で行ったとき、
観光バスが集まるターミナルみたいな
お土産物屋さんが密集してるところまで来て
「わたし、なにしてるんだろう?」って我に返った時かな。






自分の知らない土地とか行ったことない場所に行く時は
異常なくらい不安で不安で仕方なかった。
まだネットとかもあまり整備されてない頃だったから
ノートに曲がり角の特徴や信号の名前を書きとめて
「ここを左に曲がって二つ目の信号を右折」とか
新聞配達の地図の描き方をして
帰りもそれを見ながら帰ってみたりしてやっと安心してた。

今はそれはなくなったんだけど、友達と現地集合!とか
何時にここで、の待ち合わせすると遅れることがすごく不安で余裕を見て家を出よう
もしかしたらなにかあるかもしれないから…って
毎回一時間前にはその近くにいて、
30分前くらいにそこで待ってたり時間つぶしたりしてた。

最近はやっと落ち着いてきて30分前や
45分前に到着すればいい、くらいにまで落ち着いてきた。

相手が遅れたりするのは苦にはならないんだけど、
自分が遅れることが万死に値する!くらいの
申し訳な言気持ちでいっぱいになってずずーんって落ち込む。

友達は気にしなくていいよっていうんだけど、
「自分がやらかした」ってしばらく引きずる。
でもそれで友達に気を使わせるのも嫌だから
いっぱい謝ってちょっとしたものをおごったりして
「今日遅れたお詫び―」ってしてやっと人並みな気持ちになる。


これっておかしいのかな?


228: 名無しさん@おーぷん 2018/01/28(日)17:02:18 ID:jPf
>>225
アスペルガーじゃなくて不安障害じゃないの


229: 名無しさん@おーぷん 2018/01/29(月)06:52:35 ID:wef
>>228

>>225です。ありがとう。
「不安障害」検索してみました。
不安は確かにあるんだけど
手汗とか過呼吸とかそういう症状は出てなかった。
確信はないけど何かしらの精神強迫にかかってたのかなーって思う。

今は症状出てないだけで素因は
持ってるのかもしれないから気を付けてみることにします。
こんな質問に答えてくれてどうもありがとう。


230: 名無しさん@おーぷん 2018/01/29(月)10:27:16 ID:aOX
>>225
典型的な強迫性障害やん
仲間はいっぱいいるから焦らず治していけばいい


254: 名無しさん@おーぷん 2018/01/30(火)13:58:44 ID:Fy1
>>225
亀レスですが。
私も同じです。

ナビがない頃は、旅行に行くときは
地図で調べて「某交差点を右」とか順番にノートに書いてました。
今はグーグルアースがあって安心します。

ちなみに私はADHDで、
一時期強迫性障害や不安障害が出てたこともあります。
主治医と話したことがあるのですが、
「ADHDは注意力散漫→失敗→繰り返したくない→調べる→安心」
という流れだろうと言われました。

調べないと落ち着かないけど、
調べれば納得して落ち着くんだし「それでいいじゃない!」と思うことにしました。
おかげで、道順を聞かれたら地図を描くのが上手になりました。
お友達との約束に遅れないのも、
とてもいいことだと思いますよ。(相手が遅れても大丈夫っていうのも)
時間を消費したり頭使って疲れたりするけど、
他の人に迷惑かけなければそれでいいと思うのです。
慎重なことは大切です。

あなたがADHDかはわからないけれど、悪いことではないですよって伝えたかったのです。