今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その21
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1514103964/


257: 名無しさん@おーぷん 2018/01/30(火)02:09:30 ID:kZh
職場に特殊な事情で発達障害者が
アルバイトで2人入ったんだけど、色々と対照的なのにびっくりした

事情というのは上役と繋がりのある人から
「発達障害でドロップアウトしちゃった
 親戚をアルバイト扱いでいいから働かせてやってくれないか」
と言われたというもの
しかも一人にOKだしたら
後から別の人からじゃあこっちも、と言われて2人くることになったとのこと

その2人をA君とB君とする

A君は有名大学出でイケメン、発達障害の種類はADHDとのこと

A君は常に無愛想でいつもムスッとしてた
また、いつもスマホをいじっててコミュニケーションをほとんど取ろうとしない

挨拶もお礼も基本的にしないし報告連絡相談もほぼない
言ったことはやってくれるんだけど、何かをし終わると
しばらくぼーっとしてたり
長時間トイレに入ったりして仕事をしてる時間は短かった

しかし注意するとすごい不機嫌になって
「はぁ」と無愛想に答えたりするだけで改善されないし
さらに追及すると
「僕は発達障害だから普通の人のようには働けないんです!」と反論してきたりする






仕方なく彼がやりきれなかった仕事を社員が後でやったりするんだけど
そうすると「僕の仕事なのに!」と怒る
意味が分からないよ

一応物覚え自体は悪くなくて仕事も手早いんだけど全然応用が効かない
「洗い物をこの洗浄機にかけて綺麗にしてほしい」
という仕事をお願いすると洗浄機にかけたらそれで終わり、
というように認識するらしくて汚れが残ってても気にしない

汚れが残っていると注意すると
「自分は指示通り洗浄機にかけた。
 それでも汚れが残ってるならそれは洗い物をそこまで汚した人が悪い!」

と反論する
仕方ないから社員が汚れを洗ってると
「やればいいんでしょやれば」とふて腐れながら洗い直す

何か追加で仕事を頼むと毎回ではないけどよく忘れる
「メモを取っておけばいいんじゃない?」とか
「会社のお金で白板とか買っていいから備忘録として使ったら?」
と提案してみてもその時は「そうですね」と言うけど何もしない

飲み会とかではとにかく
「自分は悪くない。悪いのは自分を理解しない周りの人間!」
という愚痴をよくこぼす
発達障害ってこともあるし上役とコネもあるしで
現場の社員はどう扱っていいか分からなくて完全に腫物扱い

一年ほどで
「ここでも俺は理解されなかった!」と言って自分から辞めていった
その後については不明


258: 名無しさん@おーぷん 2018/01/30(火)02:10:12 ID:kZh
次に入ってきたB君
有名大学出でフツメン、発達障害の種類はA君と同じくADHDとのこと
A君が常にじっとしてるのに対して
B君はいつもそわそわしてて落ち着きがないタイプだった

A君と違ってよくしゃべり、非常に愛想が良くて礼儀正しい
笑顔で挨拶もきちんとする
なので最初はA君よりまともっぽいと思ったけど、
とにかく物覚えが悪くて同じことを何度も聞いてくるし
非常に作業の要領が悪くて仕事が遅い
ただ、全然サボらず常に動き回ってて一生懸命さは伝わってきた

自分で自分の作業のチェックシートやらマニュアルやらを作ったりしてて
だんだん仕事が速くなり、
ミスもほとんどしなくなってどんどん有能になっていった
注意したらきちんと謝ってミスを是正しようとするし、
何か問題があれば自分から積極的に報告してくるんで
現場の社員ときちんとコミュニケーションが取れてて仲良くなり
とくに雑談をすると話題が豊富かつ
リアクションが素直で事務のおばさんたちに可愛がられてた

おばさんたち曰く「反抗期前の素直だったころの息子みたい」とのこと
ただ、会話をしてると会話の繋がりがすごい飛躍することも多かった
「今日は暑いね」に対して「サザエさんはどうなるでしょうね」
みたいな返しをしてきて周りを混乱させたり
理由を聞いてみると
「暑い←天気の話題←洗濯物←洗濯機←日立←サザエさんのスポンサー」
という繋がりだったらしい

物覚えは悪いと書いたけど、
頭自体は良くて機械の構造とか作業工程の理論はすぐに理解して

運用の欠点や改善点を
いくつも指摘してきたり、トラブルの予兆をすぐに察知して報告してきたり

トラブルの原因や改善方法を
即座に考え付いたりと、観察力や思考力は非常に優れてた

体を動かす作業が極端に苦手だったみたいで、
その反面頭だけを使う作業については即座にマスターしてた


反面、発想が飛躍しすぎて明らかに
大したことじゃないトラブルをものすごい大問題だと思い込んで

血相を変えて報告してきたりと色々と空回りすることも多いという欠点もあった

A君が自分が言われた工程さえ守っていれば
洗い物に汚れが残っていようが知ったことじゃない、というのに対して

B君は「この設定でいいんでしょうか?
 汚れの種類を考えればこうしたほうがいいのでは?」
と提案してきたり
ごくわずかな汚れを見つけて
「大変です!汚れが残っていました!
 完璧に洗いきれるように洗浄機の設定を見直さないと!」

と大騒ぎするタイプ

飲み会とかでも人の悪口は全然言わないし、
人が困ってたら自分の事情を後回しにして手助けしようとしたりと

人柄は良かった

最終的にB君は技術者として正社員になって活躍してる


259: 名無しさん@おーぷん 2018/01/30(火)02:10:34 ID:kZh
この2人と接して思ったことは、
同じ発達障害者でもその性質は全然違うんだなってことと
その能力に気が付いたり活用することは難しいということ
A君もB君も有名大学の出だけあって勉強的な意味ではかなり頭が良かったから
発達障害者の中ではかなりハイスペックな方じゃないかと思う

それでもA君については申し訳ないけど自分たちじゃどうにもならなかった
あまりにも自分中心すぎてどう扱えばいいか全然分からない
もしかしたら彼の特性に応じて適切に対応していれば
優れた能力を活用して活躍できてたかもしれないけど
俺たちはあくまでもただの会社員であって
心理療法士でも更生団体でもないし

一方B君については最初のころはほんとに要領が悪すぎて
「A君より無能だぞ、どうすればいいんだ?」
とみんなが頭を抱えてたくらいで
もしも発達障害者であると知らずに
普通に採用してたら悪い結果になってたかもしれない

最初から発達だと分かってたこと、
彼の人柄が良くて地道に見守ろうという空気が出来てたのと
B君自体の努力のおかげでなんとかなったと思う


もしも職場に発達や発達っぽいのがいたら、
B君タイプなら長い目で見て上げれば有能になる…かもしれない


260: 名無しさん@おーぷん 2018/01/30(火)08:52:41 ID:4DO
>>257
Aは発達障害とかじゃなくてただの馬鹿なのではw