(-д-)本当にあったずうずうしい話 第2話
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1418291668/


328: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)10:18:25 ID:sRE
図々しいと言うよりセコイ話。
うちの会社はちょっと変わってて、
年度末が終わって新年度になると決起集会が行われる。
(「昨年度も頑張ったね~」「今年度も頑張ろ~」みたいな)
一応、新入社員の歓迎会も兼ねているので全社員参加。
飲めや歌えやの大宴会をしてビンゴ大会なんかもしちゃう。
ビンゴの他にもジャンケン大会もやるんだけど、
そこである女性社員が毎年目立ってる。
仮に瀬古さんとしよう。

ジャンケン大会は社長のポケットマネーから、小学生のお小遣い程度の金一封が出る。
社長が前に立ち、5・6人程度が残るまでジャンケンをし、
その5・6人で最後の一人を決めるジャンケンをする。
その5・6人の中に瀬古さんが残るのだが、
2回戦やって2回戦共そこまで残る。
お察しの通り、
ジャンケンは後出しか、負けたのに手を変えて勝ったことにしていたから。

それが毎年(瀬古さんは入社十数年)なもんだからみんな気付いてはいたけど、
たかがゲームだし千円程度だから基本的にスルーしてた。
でも昨年度の集会で進行役(男女ペアで持ち回り)の男性社員が
「瀬古さんはジャンケン勝ってないからね~」「はい瀬古さんは戻って!」
と、瀬古さんの不正を笑顔で指摘し追い返してた。
瀬古さんは「え~?なんで~?w」とか笑ってたけど目が笑ってなかった。
今年度の進行役の男性社員も同じ様に追い返してた。
ちなみに、ビンゴ大会の景品もズルしてる。
ビンゴになった人から順番に景品の書かれた紙が入った封筒を選ぶんだけど、
瀬古さんは封筒を開けて気に入らない物であれば違う封筒を開けるか、
仲のいい女性社員が進行役になっていたら何番の封筒がいいか聞き出すか、
司会者が持ってる紙(何番の封筒に何の景品があるかが書かれている)を後ろからこっそり見る。

長いから分けます




329: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)10:18:44 ID:sRE
続き

今年度は私が進行役の一人で、
ビンゴの景品は何番がいいものか聞かれたから教えたけど、
コーヒーのギフトセット(会社へ来たお歳暮やお中元の品)の番号教えたw
同じく進行役の男性社員がすかさず「瀬古さんはコーヒーですね!」
って確認してたしそれで確定。
貰えるだけありがたいと思ってくれ。
ちなみに一番いい景品はホテルのランチバイキングの無料招待券だった。

この件の他にも仕事関係その他で色々ちまちまとやらかしているらしく、
「ごめ~ん!これもお願いしていい?」→各個人に割り振られたノルマの一部や軽作業
「ごめ~ん!駅まで乗せてってくれる?」→思いっきり逆方向
「ごめ~ん!お金足りないから不足分立て替えてくれない?」
 →少額だったからか返していないと風の噂で聞いた
「ごめ~ん!私の分のお弁当帰りにコンビニで買ってきて~」
 →外回りに出る男性社員に言ったらしい

とにかく「ごめ~ん」で何でも済むと思ってるみたい。
だから結婚できないんだなと納得してる。

330: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)19:28:59 ID:NW8
>>329
まかり間違って結婚出来ても、相手がマトモだったら離婚コース、
上手くいってるならセコケチおしどり夫婦コースですな…
本家(2ちゃん)でもこの手の図々しい話たくさん読んで来たけどさ、
清々しいまでのセコケチっぷりには「これはネタでしょ!?」って思ってたw

……ネタ、じゃない?
幸か不幸か?リアルで遭遇した事無いからなー
いざ出会ってしまったら、その場では上手く対処出来なくてモヤモヤが残るのかな?
(モヤモヤしたからネットで吐き出してる?だとしたら、ネタじゃなくてって事なのか…)
なんかダラダラ書いちゃってるけど、自分だったら絶対しないよな~って思う。
こーいう図々しい事を平気で出来きちゃえる神経が本気でわからない。
もしかして、この手の話題に登る人ってのは、発達障害とかあるのかも…
だって、フツーに考えたら、そんな微々たる物getにあさましい姿晒すってのは、どう考えても損だから。
いくら価値観は人それぞれと言っても、
人として評価落とすような(一般的に?セコケチと思われる)事しちゃったら、
後々やり難くなるかもしれないって計算が出来ないって事だからさ。
子供と大人の差みたいな、というか。
目先の事で動いて失敗って感じ。
まーある意味、DQN名等近寄ったら面倒だぞーってシグナルになるから、
そーいう行動はハタで見てる分には面白いだろーなぁなんて思ってるw
巻き込まれたらムカつくかもだけどw



















瀬古利彦 マラソンの真髄―世界をつかんだ男の“走りの哲学”
瀬古利彦 マラソンの真髄―世界をつかんだ男の“走りの哲学”